当社は、日本容器工業グループの一員として、昭和42年以降、西日本エリアでの、樹脂ライニングタンクの製造・販売を手掛けて参りました。

 無溶剤エポキシ樹脂による醸造タンクは、灘・伏見・播磨地域を中心に、清酒・醤油をはじめとした数多くの醸造業界から高い評価を頂き、実に70%ものシェアを持つにいたっており、ここで培われた実績により、梅酒・焼酎業界への商品展開も図って参りました。

 建築設備業界におきましては、平成7年の阪神・淡路大震災で、一般受水槽の脆弱性とライフラインの重要性が、俄かに表面化しました。その中、当社の鋼板製一体型水槽におきましては、被害ゼロということで、その強靭さがクローズアップされ、その後、巨大地震に最も適した受水槽として、各種重要施設での実績を確実に拡げており、東日本大震災等、ライフラインの震災被害が起きるたびに、安全・安心な受水槽として、お客様各位の信頼を揺るぎないものとしております。

 また、従来の機械設備として、隠す対象であった水槽のイメージを覆すべく、あえて、シンボリックなオブジェとして、景観との調和を意識したデザインタンクをシリーズ化し、さらには設計者様の自由な発想に応えるべく、完全オーダーメイドのデザインタンクを展開するに至り、学校・集合住宅・文化遺産等への実績を積み重ねております。

 昨今の食品業界を取り巻く衛生管理の厳格化、地震の活動期に入った日本列島におけるライフラインの重要性、文化遺産としての景観への配慮等、今後とも、時代のニーズを真摯に受け止め、お客様各位のご信頼を頂く様、精進を重ねて参りますので、何分のご支援とご愛顧を賜りますよう、切にお願い申し上げるものであります。

株式会社NYK西日本
代表取締役 原 康夫